目の下のたるみが気になり出したら要注意

鏡を見て急に頬のたるみや、目の下のたるみが目に付いたら、それはかなりの自覚症状です。

 

顔のたるみが一番最初に訪れるのが目の下のたるみです。

 

そこから、口もと、頬、顎、首と気になりだしていきますよ

 

しずかに進行しているのでなかなか気づきにくい物ですが、突然気になりだした場合、急激に肌の老化が進んでいるかもしれません。

 

肌の老化対策をとくにしてこなかったひとは、早急に対策を考えないと、頬のたるみ、目の下のたるみ、くびのたるみなど、一気にたるみが加速して、老人顔になってしまいます。

 

化粧やマッサージ、顔のストレッチ、さらには、サプリメントなどで、それまでの生活をみなおし体質改善を含めた総合的な、若返り老化対策をするべきです。

 

急に自覚するということは、かなりの変化であることから、そのごま進行もあっというまだと思います。

 

一週間も続けて全く変化が見られないようでしたら、エステサロンや、美容クリニックで相談したほうが件名かもしれません。

 

加速がついたからの肌の老化は、自力ではかなり難しいと思いますからね。

マッサージでたるみ予防改善

目の下のたるみが気になるようでしたら、早めの予防や対策をしたほうがいいでしょう。

 

ひどくなると美容整形でもしないと、解消は困難です。

 

肌老化とあきらめず、手入れすることで、老化を遅らせることは可能です。

 

目の下のたるみを解消するのには、一番簡単な方法として、マッサージをしてみるといいでしょう。

 

少しぐらいの目の下のたるみのは筋肉の衰えを防ぎ血液やリンパの流れをよくすることで解消できます。

 

但しあまり強すぎる刺激はよくありません。

 

あまり力を入れず指の腹を使って軽くマッサージすることで新陳代謝を高め血行を促進をするようにするのがポイントです。

 

マッサージの方法はまず指の腹を使ってこめかみから目の下を通り鼻の方へ指を這わせ、そのまま目の上を通りこめかみへと戻し、最後にこめかみを少し強めに押してください。

 

たったこれだけのことですが、目の下のたるみ解消にはかなり効果あるはずです。

 

どうしても改善されない場合は、ヒアルロン酸+ボトックス注射という方法もあるようです。

 

そのほかにも色々な目の下のたるみ治療は色々あるようですが、注射が一番手軽なほうほうでしょう。

メスを使わないボトックスでしわ、たるみ回復

ボトックスという注射をするだけの美容整形をご存じでしょうか?

 

ボトックス注射でできることは沢山あります。

 

シワを消す、小顔にする、足を細くする、汗を抑えるなど、ボトックス治療効果は色々な美容整形で利用されています。

 

メスを使って切開する必要がないので、その日のうちに治療がすむので、入院費用などがかかりませんし、施術後腫れなどほとんどなく、直ぐにお化粧もできます。

 

ちょっといって、シワを注射で消してくるなんて簡単にできる、プチ整形です。

 

ボトックス料金は、メスを使った美容整形手術ほどではありませんが、問題は、半年ぐらいで元に戻ってしまうので、年に2回ほどはしなければならないことで、費用が1回では済まないことです。

 

また心配な副作用についてですが、ボトックスの副作用は、筋肉の動きが悪くなり、ふくらはぎボトックスなどでは、足がもつれるとか、エラ小顔ボトックスでは、表情が無くなってしまうとかいったもののようです。

 

それも、時間がたてば、次第にもどってくるようです。

 

そのほか汗を抑えるので、汗症治療にもボトックスが使われているようです。

 

わきがの治療にも効果はあるようですが、ボトックスで抑える汗腺とわきがの原因となる汗腺は違うようなので、症状にもよるようです。

 

 

 

顔のつぼ押しで若返る

つぼ治療が肌の若返りにもいいようです。

 

顔のつぼを押すことで、目の下のたるみの改善とか、法令線の改善にもなるようです。

 

アマゾンの書籍灘で検索してみると、顔のつぼの位置を開設しているほうがありますので、だれでも自宅でできます。

 

つぼ治療は通うのも大変ですし、毎日なんていけませんし、費用もかかります。

 

本があれば、毎日自分でつぼ押しできますので、自力で目の下のたるみ解消とか、しわをとることができるかもしれません。

 

おそらく根気よくつづけなければならないでしょうが、押してすぐ効果がみえたという人もいるようです。

 

もちろんすぐに元に戻ってしまうので、日々継続していくことが常用だと思います。

 

自力で若返り老化対策をしたい人にはお勧めの方法です。